MENU

オリーブオイルソムリエになるには? すぐに分かる自分に合った資格の選び方

f:id:eLily:20200330234015j:plain

こんにちは、りりです。

 

お料理好きや食べるのが好きな人でオリーブオイルに関心のある方も多いのでないでしょうか。

またオリーブオイルソムリエになるにはどうしたらよいのか?どのような種類の資格があるのかについて書いていきたいと思います。

 

 

 

AIS認定オリーブオイルソムリエ

f:id:eLily:20200330232711j:plain

イタリアソムリエ協会(AIS)という1965年から活動しているイタリア政府公認にワインソムリエを生み出している協会です。この理念のもと、AISO (Associazione Italia Sommelier dell' Olio) オリーブオイルソムリエ養成コースもやっています。ただ、イタリア語で講義は難しいため、日本人の通訳を入れたコースを日本のために提供しているのがアカデミア・デル・オーリオ(Accademia dell’Olio)になります。

 

私はこのアカデミア・デル・オーリオ(Accademia dell’Olio)主催のAIS認定オリーブオイルソムリエ養成コースをイタリアで受けてきました。この協会を選んだ理由としては、実際に現地に行って生産者の声やオリーブ畑を自分の目で見てみたかったこと、イタリア政府公認の資格を取得したかったからです。

 

オリーブオイルソムリエ養成コース

内容:15レッスンで約6日間のコース。

開催:年に日本で2回、イタリアで2回の開催があります。

 

最後には試験もあり、合格すると晴れて認定証とソムリエバッチがもらえます!

*詳しいコース内容については下記のリンクからどうぞ。

www.italiaviaggio.com

 個人的には、「オリーブオイルと食材の食べ合わせ」についての講義がとてもためになりました。食材の味を見極めてそれに合わせるオリーブオイルを考えるのは楽しかったです。

 

 

日本オリーブオイルソムリエ協会

f:id:eLily:20200330232635j:plain

日本の協会が主催しているオリーブオイルソムリエの資格認定コースです。コース内容は、ジュニアオリーブオイルソムリエ 、オリーブオイルソムリエ 、マスターオリーブオイルソムリエと3種類に分かれています。コース内容も充実していて、また自分のレベルに合わせてコース内容を選択していけるのが良いなと思いました。

 

ジュニアソムリエコース(試験なし)

内容:2時間、全6回12時間のコース。2日間で行われます。

開催:月2~3回実施。

 

オリーブオイルソムリエ

内容:2時間、全10回20時間のコース。3日間で行われます。

開催:年に4~5回実施。

 

マスターオリーブオイルソムリエ

内容:講義10回、テイスティング実技指導10回の約30時間。4日間で行われます。

開催:年一回(東京のみ)。

 

*詳しいコース内容については下記のリンクからどうぞ。

www.oliveoil.or.jp

 

 

日本オリーブオイルテイスター協会

インターナショナル・オリーブ・カウンシル(IOC=International Olive Council)の協力のもと、世界のスタンダードであるIOCの規定に沿っておこなわれるテイスター養成コースです。IOCの国際基準に基づいてた化学分析や官能検査、テイスティングメソッドなど「オリーブオイルテイスター」として必要な基礎技能と知識の習得を目指せます。

 

コース開催は定期ではないようです。HPをこまめにチェックしてみてください。

*詳しいコース内容については下記のリンクからどうぞ。

www.oliveoiltaster.org

 

 

 イタリア文化会館 オリーブオイルセミナー 

 こちらはAIS認定オリーブオイルソムリエ主催のセミナーです。一日の体験コースになっているので、オリーブオイルの世界をまずは楽しんでみたい方におすすめです。

*詳しいコース内容については下記のリンクからどうぞ。

www.iictokyo.com

 

 

 最後に

f:id:eLily:20200330233000j:plain

オリーブオイルの資格といっても様々なものがあります。どれを選択したらよいか迷ってしまいますよね。また、オリーブオイルソムリエの資格習得にお金もかかりますので、まずはご自身がこの資格を取った後に得た知識でどうのように活かしていきたいかを考えてから資格を取ることをおすすめします。例えば、私と一緒にイタリアでオリーブオイルソムリエの資格の習得をした方は、シェフの方でした。本当においしいオリーブオイルを見極めて、そして自身のお店でワインのように料理に合わせて提供したいと語っていました。もちろん、私のように好き!気持ちも大切にしてまとまった時間が取れたときに行動するのも応援します!