MENU

【話題のLooopでんきを実際に使ってみた】体験談・注意点・節約方法をまとめてみました。

f:id:eLily:20200420172222j:plain

電気代とガス代が高い!と思ったことはありませんか?

特に冬はエアコン代、お風呂のガス代などで跳ね上がります。我が家は今まで東京電力の従量電灯Bを使用していましたが、3LDKのオール電化の家に引っ越したことをきっかけに電気会社を見直すことにしました。

 

今までは、20A(アンペア)だったので基本料金が572円でした。が、引っ越し先は50A(アンペア)から使用可能な物件だったので基本料金が1430円になってしまうことがわかりました。また、オール電化物件なのでお湯も電気で沸かすことになるので確実に電力量も増えることになります。ということで、いろいろと調べた結果、基本料金0円のLooopでんきに切り替えることに決めました!

 

 

私がLooopでんきを選んだ理由

なぜLooopでんきにしたかというと、基本料金が0円なのとkWhも一律で値段が決まっているので料金体系がシンプルで分かりやすい!ことです。例えば、生命保険にして考えるとプランが複雑だと、実際にその保険がお得なのかまたは内容を複雑にして消費者に分かりづらくして保険会社が儲かるようにしているだけなのか疑ってしまいますよね(私だけかもしれませんが)。後は、Looopでんきは東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティアからはじまりました。自然エネルギーの普及にも努めていることもLooop電気に変えた理由のひとつでもあります。電力自由化で私たちの選択も広まりました。

 

Looopでんきで節約できる額

(例)東京電力のプランで電気のみ払い続けていた場合

1月 50(アンペア) 使用電気料=731kWh(ワット) 

第1段階料金 1kWh~120kWh    19円88銭

第2段階料金 120kWh~300kWh  26円48銭

第3段階料金 上記超過       30円57銭

基本料金1430円               

使用料金=21757円(基本料金含む)

 

実際にLooopでんきにした場合

1月 50(アンペア) 使用電気料 731kWh(ワット)

基本料金0円 1kWh26.4円(一律) 

使用料金=19948円(再エネ発電賦課金含む)

 

差額=1809円(大体の計算です)

 

ざっくりとした計算ですが、差額は1809円になりました。と人によって、少額多額と捉え方も変わってくると思いますが、これを12か月で計算すると約2万円近くも変わってくることが分かります。

 

*下記がLooopでんきのマイページ内で分かる、我が家の使用してから約4か月の節約額です。着実に節約はされていますね。

f:id:eLily:20200418143836p:plain

 

ただ、オール電化なのでどうしても電気代が高くなってしまうのと、日中は私と娘が家にいてどうしても電力を使ってしまうので平均と比べて使用量は多い方だと思います。

下記の表を見て分かるように2月の電気代がめちゃくちゃ高くて焦り、オール電化の使い方の見直しをしてみたところ、4月分は2月分と比べても6550円も電力使用量を抑えることに成功しました!

f:id:eLily:20200418145117j:plain

 

オール電化で節約するためにやったこと3選

1. 電気給湯器は2日に1回にする。

2月までは毎晩、電気給湯器でタンクいっぱいにお湯を沸かしていたのですが我が家の場合一日に50%ほどしか使わないので2日に1回でも足りると思い、2日に1回沸かすことにしました。下の表を見ますと、夜間は一時間高い時でタンクいっぱいにお湯を沸かすのに140円近くかかっていることが分かります。 

f:id:eLily:20200418150028p:plain

2. 洗濯機は2日1回か洗濯物の量をみて3日に1回にまわすようにする。

習慣的に毎朝洗濯機もかけていたのですが、2日に1回にしても生活をしてみたところそこまで困らないことが分かりました。逆にメリットの方が多くなりました。例えば、朝洗濯機をまわして、洗濯物を干して、夕方乾いた洗濯物をとりこんで畳むことを考えると毎日約1時間半は費やしてしまいます。この1時間半があれば、朝の時間にも余裕ができて子どもとも1時間多く遊んであげることができたり、夜ご飯の準備もできるので時間の有効活用にもつながりました。

 

3. お風呂のお湯は浴槽いっぱいに貯めすぎないようにする。

前に住んでいた家にはお風呂の追い炊き機能がついていたのですが、今回の家はオール電化でガスでお湯をまた沸かすことができません。なので、お湯が冷めたら次の人が入れないので足し湯方式にしました。最初から少なめに浴槽にお湯をはって、できるだけそれで身体を洗うお湯にして使ったり、また後から入る人が新しくお湯を足していくといった感じです。夏になれば毎日お風呂で温まらなくてもよくなるので、お風呂に毎日お湯を貯めなくてもよくなりそうですね。

 

注意点

Looopでんきの支払いはクレジットカードのみになります。銀行口座支払いやコンビニ払いにしたい方は少し注意です。ただ、キャッシュレス化が進む中クレジットをひとつも持ってない方は少ないのではないでしょうか。クレジットカードなら使用した額分のポイントもつくものもあるので毎月の固定費でお得に貯められます。

*利用可能なクレジットカード:Visa、MasterCard、American Express、DinersClub、JCBカード

 

請求書や領収証は自宅に届きません。インターネットのマイページから確認することができますし、そこで印刷をすることができます。Looopでんきのアプリをダウンロードすれば毎日の使用電気量や金額もスマートフォンからこまめに確認もできるので便利ですよ!

 

Looopでんきは電話での申し込みは行っていないようです。

申込はインターネットからがおすすめです↓

 

追記

Looopでんきは電気だけでなく、ガスとのセット割(Looopでんき+ガス)のサービスも開始しました!現在ガスを使用している方も使用できます。ガス料金も基本料金・従量料金が一定で、電気とセットにすると総額2%割引になるようです。

電気とガス代を見直したい方、引っ越しを機に料金プランを見直したい方は、下記から料金のシミュレーションができるのでやってみてください→【Looopでんき】